20代最後をナミビアで

青年海外協力隊(2016-3)としてナミビアで中高生にコンピュータの授業を教えています

習い事をはじめました。

こんにちは。

任地ツメブにArts Performance Centre (APC)というところがあります。f:id:h283-namibia:20170625210811j:plainf:id:h283-namibia:20170621042056j:plainf:id:h283-namibia:20170621042513j:plainAPCナミビアのアーツ促進のために設立され、NPOが運営しています。APCのホームページらしきものはあるのですが、残念なことにドイツ語…創設者かつディレクターのLisさんはドイツ系のおばさまなんです。APCを紹介した記事で、Lisさんは次のように述べています。
"APC was created for young people who have no hope for a good future, due to the circumstances they grow up in."
そういうことです。

ここで、バイオリンとビジュアルアーツ(デッサンなど)を習いはじめました。
私、楽譜はすらすら読めないしピアノは弾けないし音痴だし絵は下手だし、つまり芸術センスはないんです。もちろんバイオリンなんて触ったこともありません。それなのに…ふふ。

ちなみに、ここの存在はナミビアに到着して比較的すぐに先輩隊員から教わり、知っていました。ツメブに住みはじめてからも週に何度もAPCの前を通っていたのですが、毎回機会を逃し(入る勇気がなく、という方が正しい)、気づけば足を踏み入れるまでに5ヵ月も経っていました。きゃー。

驚くことに、なんと一学期N$50(約400円)で以下の科目から3つまで習い放題!f:id:h283-namibia:20170702041040j:plain選べる楽器、細かくないですか?ハープも習いたかったのですが、ハープの先生(Lisさん)が一番難しい楽器よ、と言ったので、とりあえずお預けです。バイオリンが弾けるようになってから…。でもマリンバも気になる。。音色がきれいなの。。f:id:h283-namibia:20170625210758j:plain
午前は大人コース、午後は子どもコースとのことですが、午前は私が活動中で行けないので、午後に小中高生に混ざって習っています。なかには私の教え子も数名います。学校では先生をしているけれど、ここでは同じ生徒です。ちょっと恥ずかしいです。デッサンなんて、その教え子の方がうまいくらいなんです。
毎日1時間×2コマで通っているので平日が一気に忙しくなりました(笑)

レッスンは各教室内でやったり、外のベンチ(上の写真がそのベンチ)でやったりします。APCの前を通るだけでも色んな楽器の音が聞こえてくるんですよ。

放課後に楽器や絵、ダンスを習えるってツメブすごいなと、改めて自分の任地に驚きました。小学校低学年くらいの小さな子が一人前に色んな楽器を演奏しているんですよ。子どもたちにとっても、いい環境ですよね。f:id:h283-namibia:20170702045244j:plain
バイオリンの先生に、日本にもAPCのようなところはあるのかと聞かれたので、ないと答えました。こんな豊富に楽器を習えるところ、私は思い浮かびませんでした。街中の音楽教室って週1回のレッスンで月5000円は軽くしますよね。それを伝えたらもちろん驚いていました。そりゃそうです、ここは楽器等3つ×週5回×4ヵ月ほどで400円ですから。

そんなAPCで先日、コンサートがありました。
オープニングf:id:h283-namibia:20170626001650j:plainダンスf:id:h283-namibia:20170625235453j:plain子どもオーケストラf:id:h283-namibia:20170626000556j:plain先生+上級生徒オーケストラf:id:h283-namibia:20170626000852j:plain他にもクラリネット、チェロ、ブラスバンドマリンバなどなど、約1時間の発表会でした。上手下手は置いておいて、子どもたちは可愛かったし先生はいくつ楽器演奏できるの?!と驚いたし、楽しみました。

 

APCに通いだしたのは、バイオリンとデッサンへの興味以上に、何よりローカルな人との関わりを作りたいという思いからでした。
私がふだん接するのは同僚と一部の生徒のみで、活動も平日13時以降はフリーです。地域住民と話すことはありません。週末含め、ひたすら部屋にこもる日々です。せっかく外国に住んでいるのに、全く現地に溶け込んでいないことに焦りを感じていたのです。
まだ習いはじめて3週間ほどですが、なんだか、着実に、目的を達成していけるような気がしています。この調子、この調子。f:id:h283-namibia:20170621041045j:plain

ツメブはエトーシャ国立公園の玄関口の街だけではありません。
ツメブにお越しの際はぜひAPCにもお立ち寄りくださいませ。